CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
笠仁寿

バナーを作成
ARCHIVES
CATEGORIES
twitter
Follow me
MOBILE
qrcode
<< DVDが見れないよ〜 修理預かり | main | ショーアップ ホームページ制作〜 >>
地デジ付 リビングPC〜 カスタム製作
 地デジ付のスリム型カスタムPCを製作しました!

省スペース型に地デジが絡んでくるとパーツの干渉問題に

苦労します。

ただでさえ 地デジとなると何かとグラフィックボードとの相性問題もあったりと

製作前に 入念な下調べがとても重要になります!

今回は、ビジネスユースではないので OSにはWindows 7 Ultimateをチョイス!

地デジ付PC


では、早速 製作へ

まずは、マザーボードにCPUとクーラーを取り付け〜 (慎重に・・・)

CPUとクーラーの間に熱がちゃんと伝わるようにグリスを塗りますが

そこに空間やクーラーがちゃんと接地していないと CPUの温度が80度

位上昇したのちシャットダウンします・・・

みなさん お気をつけて!慣れた頃が一番危ない・・・



そして、ケースに収めます。



カードリーダー・HDD・DVDマルチドライブをセットして

電源を取り付け

地デジ付PC

メモリを取り付け〜

マザーボードに配線していきます。

PCの電源のON/OFFやオーディオ・マイクの端子がある

I/Oパネル、各ドライブ類のSATAケーブル類、

マザーボードに、3.3V・5V・12Vの電源を接続。

この段階で メモリのエラーテストを走らせチェック!!

問題なければ OSをインストールします。

セットアップ完了しマザーボード・各デバイスのドライバ類のインストール後に

地デジ組み込み・・・

地デジを見るにはオンボードでは見れないので 対応のグラフィックボードを

取り付けます。

ここの相性を入念にチェックしておく必要があります。

地デジ付PC

マザーボードの拡張スロットに差し込む

真中のブルーのスロットが  PCI-EX16

※他にも色んなスロットがあるが 現在はこのスロットが主流。

地デジ付PC

グラフィックボードは、

SAPPHIRE Radeon HD5450 512MB DDR3 PCI-EX16 HDMI/DVI-I/VGA


そして、地デジのユニットを取り付ける

TVチューナは、

GV-MC7/VZ

今回は拡張ボードに取り付けるタイプではなく

外付けタイプのものをケース内に収めるように工夫した。

これにより 将来的にサウンドボードを拡張できるよう対応。

省スペースタイプのケースはちょっとこのあたりが苦労します・・・

地デジ付PC

地デジ付PC

地デジアンテナの入力信号のケーブル

地デジ付PC

ケースのバックパネルはこんな感じ

あまり やりませんが プチ改造・・・ 程度。

地デジ付PC

地デジユニットをケースの下に潜らせ完了!!

地デジのチューナーの初期設定を無事に終えて納品となりました。

| パソコン | 14:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.reupro.com/trackback/105
トラックバック