CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
笠仁寿

バナーを作成
ARCHIVES
CATEGORIES
twitter
Follow me
MOBILE
qrcode
<< メモリ 増設〜 | main | 最強スマートフォン IS11CA 入荷〜 >>
メールのアドレスとメッセージデータ救出〜

 Googleの無料サービスでGメールと言うのがあり

そのGメールに独自ドメインを設定して使うと非常に便利良く使えます。

 通常のGoogleメール OOOOOO@gmail.com

   独自ドメインを設定したGoogleメール 

        例(弊社) OOOOOO@reupro.com


弊社でwebサポートのご契約を頂いている企業様には上記の独自ドメインをGメール設定

してサービスをご利用頂けるシステムを導入しております。

利点

・webメールになるため、受信データや送信履歴・アドレス帳などが一元管理できる。

・迷惑メールのフィルターが強化されているのでメールからのウイルス感染に強い。

・webメールなので自分あてのメールをネットが繋がる環境であればどこからでも見れる。

・スマートフォンからもアクセスできる。

・パソコン内にデータを保存しないのでバックアップの心配がない。

などなど・・・・  とても便利です。


そして、つい最近 今からご契約いただくお客様で メールからウイルス感染し

パソコンが不調になり NEWマシーンをご導入いただいたケースがありました!

いつも大量の迷惑メールに悩まされ 削除しようと操作をしていた矢先につい開いてしまい

 感染!!!

Gメールであれば自動的に迷惑メールはフィルタリングされ存在すら感じさせません!

とても安心〜煩わしくない!・・・


感染したPCはもともと不調もありクリーンインストールして他の使い方へ

最新の Core i7 仕様 ハイスペックPCを弊社から導入〜

メールの履歴が無いと困るから〜 と言うことで

Outlook Express 6.x のフォルダからデータを救出〜


データの保管場所は下記の通り (Windows XP)

 ※以下のフォルダは「隠しフォルダ」内に存在するので、必ず フォルダーオプションの

 隠しフォルダーを表示するのラジオボタンにチェックを入れ 適用のこと!

■メッセージデータ

 C:/Documents and Settings/ユーザー名/Local Settings/Application Data/

  Identities/{長い英文の文字列}Micrsoft/Outlook Express

■アドレス帳

 C:/Documents and Settings/ユーザー名/Local Settings/Application Data/

  Microsoft/Adress book


各フォルダーを見つけたら Outlook Expressのインポートからデータを取り込もう!

ただ、メッセージデータのフォルダが大量の場合(1GB以上)そのデータをインポートすると

予期しないエラーが発生しました というエラー表示が出て送受信出来なくなる不具合が

あるようです! ご注意ください!

このような 結果にならないためにも

Gメールを是非ともおすすめ致します!

| パソコン | 15:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.reupro.com/trackback/110
トラックバック